室井佑月のしゃべり方がウザいのは病気?嫌われる理由やコメントの評判も

コメンテーターの室井さんが米山隆一さんとの再婚で話題になっています。

室井さんと言えばあの特徴的な話し方!!

50歳という年齢であるのにも関わらず、目上の人や初めて会う人にもタメ語、舌足らずで語尾が伸びたり、文頭にえっと~~~~~…だから~~~~~…などが付くのは彼女しかいませんよね!

この話方が原因で、まともな意見も不要に批判されてしまう印象です。

そんな室井さんのこの馬鹿っぽいしゃべり方が「病気が原因なのでは?」という声も上がっているんです。

そこで今日は、室井さんの過去の病気としゃべり方の関係、室井さんが嫌われてしまう理由について調べてみました!



室井佑月の病気歴:乳がん・糖尿病・うつ病

室井さんは2019年にステージ1の乳がんを告白し、手術を無事に成功させています。

友人ががんで亡くなったことがきっかけで、自分の胸にしこりがあることに気が付き発見に至ったらしいのですが、ステージ1で見つかったことから、大事に至らずに済みました。

ただ、乳がんは直接室井さんの「話し方」には関係がないでしょう。

次に糖尿病。

室井さんは2005年に膵臓に腫瘍が発見され、膵臓の半分と脾臓の全摘出手術を受けています

その手術の後遺症で糖尿病になってしまったそうです。

糖尿病になると食事制限などかなり日常生活に支障がでるのですが、こちらも直接あの独特な喋り方に関係しているとは思えません。

最後にうつ。

室井さん本人が、一時期うつっぽい状態であった語っています。

当時はやりたい事が多すぎて、徹夜続きだったことが原因で睡眠不足になり、結果、肉体の影響を及ばしウツになってしまったそうです。

うつ病が原因で舌足らずになるというのは可能性としてゼロではなさそうですが、あまり現実的ではなさそうですよね。

やはり室井さんの独特なしゃべり方は、性格やクセが原因だと考えるのが自然だと思います。

室井佑月が嫌われる理由①しゃべり方がとにかくウザい!!

室井さんが嫌われる理由は、もう何といっても「しゃべり方」でしょう。

上でも紹介しましたが、病気が原因なわけでもなさそうですし、元々こういう感じのしゃべり方だったとしたら聞いている方はストレスを感じます…

舌足らずな上に、語尾を伸ばしたり、えっと~~~~~…だから~~~~~…など。

とにかく聞いていて気持ちの良い喋り方ではないことから、テレビに出るだけで不快と言われてしまうことも。

頭が良い悪い以前に、発信する側の成人として「普通の話し方が出来ない」ということが嫌われる理由になっていますね。

室井佑月が嫌われる理由②コメントが感情的過ぎる

室井さんが嫌われる理由として、「コメントが感情的過ぎる」という非難も上がっています。

ご本人も小学生のように感情的になりやすいとおっしゃっているように、自分が悪だ、間違いだ、と思うことは瞬発的にスゴイ言葉で非難をしてしまうようです。

そこがコメンテーターとして、冷静さが足りない、話にならない、と嫌われてしまう原因に繋がっているようですね。

室井さんは自分が悪と断じたものは感情的に徹底的に叩くけど、味方と思った者の都合の悪いところからは目を背ける。

まるで小学生みたいにすぐに感情的になるし、書いてある事以外のイレギュラーな質問にはまったく答えられません

たまに「室井佑月」さんを見掛けると、常に大人げない発言を感情的にされていた様に感じておりましたが、それは道理などは無視しても、感情的に訴えないと自分の発言が伝わらないとの勘違いでしたか~

ひるおびで「酔っぱらってる?」と非難続出

お昼の報道番組「ひるおび」に出演されている室井さんですが、4/9日に放送されたひるおびでの室井さんは、まるで「アル中」のように全く呂律が回っておらず、視聴者から非難が殺到しました。

たびたびしゃべり方について指摘をされる室井さんですが、この日は本当に全然呂律が回っていなかったようです。

番組内で「毎日3時からお酒を飲んでいる」という発言も本人からあったので、まさか酔っぱらったまま収録したのでは?と疑われたみたいですね。

さらに。

世間がコロナの影響で自粛の雰囲気になっている中、堂々と「家に子供が集まっている」「子供の友達4人家に宿泊させた」と発言してしまうなど、自粛の意味が分かっていないと非難されていました。。。

う~~ん…

4月は既に日本でもコロナのクラスターについて話題になっていましたし、世間が自粛に励む中、報道番組内でのこの発言はまずかったですよね…

室井佑月に対するみんなの声

error: Content is protected !!